JRA走行妨害の降着判断基準を変更 - おかぴぃのおかぴな競馬予想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多少なりとも記事が参考になったと思ったら応援のポチをお願いします

中央競馬 ブログランキングへ


にほんブログ村

JRA走行妨害の降着判断基準を変更

Sponichi Annexから引用

JRA 走行妨害の降着判断を世界基準に変更

JRAは22日、美浦トレセンで、走行妨害による降着のあり方について記者説明、意見交換会を開き、新しい降着の判断基準を示した。「妨害行為が被害馬の競走結果に影響を与えたか」を降着の尺度にしてきた「カテゴリー2」基準から、「妨害行為がなければ被害馬は加害馬に先着できたのか」を尺度にする「カテゴリー1」基準に変更。新しい基準では進路を妨害しても降着となるケースが大幅に減り、大半が着順通りに確定するとみられる。カテゴリー2から1への変更は世界的な流れだという。具体的な変更点は農水省の認可を待って発表される。
[ 2012年8月23日 06:00 ]


そもそもカテゴリー1とか2って、なんなの?と思う訳ですが

netkeibaの島田明宏さんのコラムから引用

現在、主要開催国における降着の判断基準はカテゴリー1とカテゴリー2に分かれている。カテゴリー1では「その加害行為がなければ被害馬は加害馬よりも上位になることができた」とみなされた場合に降着となる。加害馬と被害馬の入線時の着差が重視され、ゴールに近いところで生じた走行妨害による被害馬に与えた影響が大きければ降着となる。スタート直後など、ゴールから遠いところで生じた事象では、被害を与えていてもそれが着順に影響したかどうか判断しづらいため、降着にならないケースが多い。カテゴリー2では、「その加害行為が被害馬の競走能力発揮にどのくらい影響を与えたか(その影響でどれだけ減速したか、あるいは騎手がバランスを崩したかなど)を見て総合的に判断する」という考え方が基準になっている。日本はカテゴリー2の国である。ほかに、フランス、ドイツ、アメリカ、南米の国々、そして今回アジア競馬会議のホスト国となったトルコもこちらのカテゴリーだ。カテゴリー1の国(地域)はオーストラリア、ニュージーランド、インド、シンガポール、香港、マカオ、韓国、南アフリカ、UAEなどアジア競馬連盟に加盟するほとんどの国々と、イギリス、アイルランドなど。


カテゴリー1が世界基準かどうかは別にして、これで降着が減るのは間違い無さそうです
個人的にはどんな走行妨害があっても着順変更無しで着順を確定し
加害馬の騎手、調教師、馬主にとんでもないペナルティーを与えればいいと思っているので
なにはともあれ降着が減るのは大歓迎です
これで懸念されることは、ゴールから遠くなればなる程、走行妨害が適用されないことで
道中のラフプレーが増えるのではないかということ
でも、これは大丈夫だと思ってます
なぜなら、騎手は基本的に意図的に走行妨害をしてないと思うからです
無茶すれば落馬で大げが、時によっては死んでしまうこともあります
そんなことを騎手がするとは思えない
制裁の基準が発表されていませんが、走行妨害にならないケースでも
騎手は制裁が課されると思います(これは今までと同じ)

まぁいいことずくめのような感じですが
基準見直しの契機となったのは6月10日の東京8Rでした
カテゴリー1を適用しても、あのレースは走行妨害に当たらない訳で
”結局、変えた意味あるの?”という気もします
しかしこれは今の2つの基準では無理じゃないかと思います。簡単に言うと
従来適用のカテゴリー2は、被害馬の被害の大きさ(競走能力にどれくらいの影響を与えたか)
が判断基準で、着順は考慮しない
カテゴリー1は着順は考慮するが、加害馬と被害馬の関係だけ
どちらを適用しても6月10日の東京8Rの1着入線馬を降着にはできません

今回の基準変更の意図は
1.競馬ファンが裁定結果を納得しやすいほうに変更する
  わかりやすいのがカテゴリー1です
2.降着を減らし、入線順通り確定する
  馬券購入者に降着の責任を負わせない
3.審議が減るので、レースの進行がスムーズに進む^^

こんな感じなんでしょうかねぇ


<関連記事>
 6月10日(日)の東京8Rの審議について
 不服申立ては棄却
 中山馬主協会がJRAに「抗議」
関連記事
多少なりとも記事が参考になったと思ったら応援のポチをお願いします

中央競馬 ブログランキングへ


にほんブログ村



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://okapikeiba.blog69.fc2.com/tb.php/1862-c16096e7

レンタルCGI QLOOKアクセス解析
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。