ヴァーミリアンは芝でなんとかならなかったのか - おかぴぃのおかぴな競馬予想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多少なりとも記事が参考になったと思ったら応援のポチをお願いします

中央競馬 ブログランキングへ


にほんブログ村

ヴァーミリアンは芝でなんとかならなかったのか

ヴァーミリアンの引退式を18日に阪神競馬場で行うことになったようです
社台スタリオンステーションで種牡馬になる予定みたいです
てっきり日高へ左遷?されると思ってましたが
数少ないエルコンドルパサーの後継種牡馬、牝系も名牝系の
スカーレットインク系ということで
とりあえず社台が引き取るんでしょうか?

完全にダート馬になってしまったヴァーミリアンですが
新馬から8戦は芝だったんです

<ヴァーミリアンの競走成績>
日付開催レース名TR距離タイム着差騎手
2010.12. 5225阪2JCDG1180041415213.2武豊
2010. 6.3022大井帝王賞G12000220531.9福永祐一
2010. 1.274川崎川崎記G1210012127-0.1武豊
2009.12.293大井東京大G12000120590.0武豊
2009.12. 655阪2JCDG11800215111.2武豊
2009.11. 319名古JBCG1190012002-0.0武豊
2009. 6.2417大井帝王賞G1200012036-0.5武豊
2009. 2.2281東8フェブラG11600213510.5武豊
2008.12.293大井東京大G12000120450.0武豊
2008.12. 755阪2JCDG11800114930.1岩田康誠
2008.11. 331園田JBCG1187011567-0.1武豊
2008. 3.295アラ首DWCG12000 12--------武豊
2008. 2.2431東8フェブラG1160011353-0.3武豊
2008. 1.304川崎川崎記G12100 --------武豊
2007.12.295大井東京大G1200012032-0.7武豊
2007.11.2435東7JCDG1210012067-0.2武豊
2007.10.3130大井JBCG1200022048-0.7武豊
2007. 3.318アラ首DWCG12000 20262.7ルメール
2007. 1.316川崎川崎記G1210012129-1.3ルメー
2006.12.203名古名古屋G2250012443-1.3ルメー
2006.11.25275東7JCDG12100920900.5ルメール
2006. 5.2192名2東海SG2230011322854.9幸英明
2006. 3.153船橋ダイオG2240012349-1.3内田博幸
2006. 2.1941東8フェブラG11600313580.9ルメール
2006. 1.2271京8平安SG31800215020.0武豊
2005.11.306浦和彩の国G2200012068-0.6武豊
2005.10.1534京3エニフSH180031497-0.0武豊
2005. 9.25204阪6神戸新聞G2200081020102.6福永祐一
2005. 5. 733京5京都新聞G2220031221461.6吉田稔
2005. 4.1743中8皐月賞G1200071220041.2デムーロ
2005. 3.20122中8スプリンG2180021414962.3北村宏司
2004.12.2545阪7ラジオたG3200022035-0.2武豊
2004.11.2745京7京都2歳2000320490.2武豊
2004.10.3034京7萩S1800114870.1武豊
2004.10.10 4京2新馬180021518-0.6武豊

出世レースのラジオたんぱ杯2歳Sを勝っています
(ラジオたんぱ杯2歳Sまで芝の成績は2-2-0-0)
そこから
スプリングS2番人気14着
皐月賞7番人気12着
京都新聞杯3番人気12着
神戸新聞杯8番人気10着
以上のように3歳になってから人(馬)が変わってしまったように惨敗。
4戦連続2桁着順のあと、ダート路線へ(エニフS1着)

2桁着順だったレースのレース後のコメントを見てみたら
面白いことに気づきました^^

<スプリングSのレース後コメント>
北村宏騎手 返し馬の感じは良かった。
スタートはある程度予想していたし、その後はスムーズに走れていたから。
ただ、途中から上がって行こうとしたら手応えが怪しくなり、
直線ではまるで手応えがなくなってしまった。どうしたのかな?よく分からないよ

<皐月賞のレース後コメント>
デムーロ騎手 道中の手応えが良く、どこでも割って出てこれそうだったし、
一瞬は勝てるかと思ったほど。それなのに、直線では余力がなくなってしまって。

<京都新聞杯のレース後コメント>
吉田稔騎手 道中は悪くなかったんだけど、追い出しても反応してくれなかった。
ひと脚も使ってくれなかっただけに

<神戸新聞杯レース後コメント>
福永騎手 いい感じで行っていたのに、いざ追ってからが案外だった。
2歳時には2000mでも勝っている馬だけど、
今ならマイルくらいの方が持ち味を生かせそうな気もする


4レースとも道中の手応え抜群。よ~し!と思ったら直線で脱力(笑)
これは何なんでしょう?
距離なんでしょうか?いや、そうでもないような・・・
なんとなくこれをなんとかすれば、芝でも走れたような気も^^

といっても
この年はディープインパクト3冠の年

やっぱりダートで正解でしたか(笑)
関連記事
多少なりとも記事が参考になったと思ったら応援のポチをお願いします

中央競馬 ブログランキングへ


にほんブログ村



コメント
非公開コメント

レンタルCGI QLOOKアクセス解析
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。