競走馬の故障と馬場の関係 - おかぴぃのおかぴな競馬予想

競走馬の故障と馬場の関係

競走馬が故障(特に予後不良)すると条件反射的に
「高速馬場なのが原因だ」と思ってしまう人が多いと思いますが
本当にそれが原因なのでしょうか?

高速馬場が悪い=馬場が硬すぎるのではないか?
馬場が硬いのが競走馬に悪影響を与えているのでは?
ということだと思います

競走馬の科学(JRA競走馬総合研究所 編)によると
・「時計が速い馬場=硬い馬場」とは言えない
 芝が生え揃ってクッションが効いた馬場でも時計は出る
・硬い馬場が事故の原因になるということはない
 時計の速いレースで事故が多発するという傾向も無い
 競走馬は馬場の状態に合わせた走りをする
 (硬ければ硬いなりに柔らかければ柔らかいなりに走る)
問題なのは(場所によって)硬かったり柔らかかったり
凹凸があった場合である
(レース後、ぺったんぺったん係?が出てくるのはその対応)

JRA(馬場造園課)としては、競走馬が故障しやすい馬場にする意味は
全く無い訳だし(当然その逆)
レース自体は着順を争うもので、時計を競っている訳でも無い
(世界新記録を出そうとか)ので
JRA競走馬総合研究所の主張は、まぁその通りなのかなと思ったりします

と言いつつも
”時計の速いレースで事故が多発するという傾向も無い”
感覚的にこれはちょっとひっかかりますけど(笑)

馬場だけを考えるとアメリカのダート(土)が一番脚元にきそうな感じで
逆にヨーロッパの芝は脚元に優しそうな気がしますが
データ的にはどうなんでしょう
その辺のデータが無いのでなんとも言えない感じです
日本の場合、ダート(砂)もある訳ですが
ちょろっと他のブログを見てみたら
ダートのほうが故障する率が低いという訳でもなさそうです

原因は馬場にあると考えがちですが
若馬の育成方法、、牧場の草、土壌の問題等、馬の自身の問題(ひ弱)
または調教の問題ということも考えられるかもしれません

<関連記事>
 競走馬の科学(2)
関連記事
多少なりとも記事が参考になったと思ったら応援のポチをお願いします

中央競馬 ブログランキングへ


にほんブログ村



コメント
非公開コメント

故障した場合は何かと原因をつけないといけないんでしょうねぇ。

で結局落ち着くところが「高速馬場」じゃないんですか(笑)

調教師や厩務員が責められたらいやでしょうからね、毎日時間を惜しんで世話しているわけですから。

じゃ結局悪いのはJRA?(笑)

2010-07-21 22:10 | - | from 競馬鹿

>競馬鹿さん
日本だけ突出して故障する確率が
高いのであれば
どこかに問題があるんでしょうけど
比較対象の数値が無いだけに
なんとも言い難い話ですね~^^

2010-07-21 23:49 | /Kuc2aBA | from おかぴぃ | Edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019-05-16 11:38 | | from -

レンタルCGI QLOOKアクセス解析
アクセスカウンター