キョウエイマーチが死亡 - おかぴぃのおかぴな競馬予想

キョウエイマーチが死亡

9日午後9時、北海道安平町のノーザンファームで繋養されていた97年桜花賞馬キョウエイマーチ(牝13)が、出産時における大腸変位のため死亡したことがわかった。
キョウエイマーチは父ダンシングブレーヴ、母インターシャルマン(その父ブレイヴェストローマン)という血統。96年11月にデビューし、97年4歳牝馬特別・西(GII)で重賞初制覇を果たすと、続く桜花賞(GI)もメジロドーベルに4馬身差をつけ圧勝。その後も97年ローズS(GII)、99年阪急杯(GIII)、00年京都金杯(GIII)を制し、97年秋華賞(GI)2着、97年マイルCS(GI)2着、99年南部杯(交流GI)2着などGI戦線でも活躍。00年マイラーズC(GII)6着を最後に引退した。通算成績28戦8勝(うち地方2戦0勝、重賞5勝)。
01年に繁殖入り。初仔のヴィートマルシェ(牝5、美浦・小島太厩舎、フレンチデピュティ)が1勝を挙げており、2番仔ヴィートヴァンクル(牡4、父ブライアンズタイム)は現在、大井・赤間清松厩舎に所属し未勝利。1歳にスペシャルウィーク産駒の牡馬、8日に生まれた当歳にネオユニヴァース産駒の牡馬がいる。


う~ん・・・・残念です
産後はやっぱり危険なんですね
私としては57Kで圧勝した京都金杯が印象に残ってます
Wikipediaによると
桜花賞優勝馬が6歳時に重賞を勝つのは史上初
そして現在でも唯一の快挙である となってます
これは知りませんでした
桜花賞馬は案外、伸び悩んでしまいますからねぇ
さすがはダンシングブレーヴ×ブレイヴェストローマンって感じです

とりあえず産駒に牝馬が1頭いるようなので
勝手な希望ですが、早めに繁殖にあげたほうがいいと思います
残された2頭の産駒、走ってほしいですねぇ

関連記事
多少なりとも記事が参考になったと思ったら応援のポチをお願いします

中央競馬 ブログランキングへ


にほんブログ村



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://okapikeiba.blog69.fc2.com/tb.php/125-5d49cd0c

レンタルCGI QLOOKアクセス解析
アクセスカウンター