中山芝千六で行われた重賞の馬番別成績 - おかぴぃのおかぴな競馬予想

中山芝千六で行われた重賞の馬番別成績

今週は朝日杯FSが行われるので
中山芝千六で行われた重賞の馬番別成績を調べてみました

<中山芝千六で行われた重賞の馬番別成績>
(過去10年 対象:42レース 集計期間:2000. 4. 2 ~ 2009. 9.13)

--------------------------------
馬番         着別度数          勝率   連対率   複勝率 
--------------------------------
1番  6-  2-  3- 31/ 42   14.3%  19.0%  26.2% 
2番  3-  3-  4- 32/ 42    7.1%  14.3%  23.8% 
3番  6-  6-  6- 23/ 41   14.6%  29.3%  43.9% 
4番  3-  1-  3- 35/ 42    7.1%   9.5%  16.7% 
5番  4-  4-  5- 29/ 42    9.5%  19.0%  31.0% 
6番  3-  2-  1- 36/ 42    7.1%  11.9%  14.3% 
7番  2-  2-  4- 34/ 42    4.8%   9.5%  19.0% 
8番  4-  2-  1- 35/ 42    9.5%  14.3%  16.7% 
9番  1-  3-  1- 37/ 42    2.4%   9.5%  11.9% 
10番 2-  6-  1- 31/ 40    5.0%  20.0%  22.5% 
11番 1-  4-  1- 32/ 38    2.6%  13.2%  15.8% 
12番 3-  2-  1- 33/ 39    7.7%  12.8%  15.4% 
13番 1-  1-  4- 32/ 38    2.6%   5.3%  15.8% 
14番 1-  2-  6- 28/ 37    2.7%   8.1%  24.3% 
15番 0-  2-  1- 31/ 34    0.0%   5.9%   8.8% 
16番 2-  0-  0- 21/ 23    8.7%   8.7%   8.7% 


この条件で行われている重賞は
朝日杯FS、京成杯オータムH、ニュージーランドT
ダービー卿チャレンジT、フェアリーS
クイーンカップ(2003年。東京競馬場の改修工事で代替)
東京新聞杯(2003年。東京競馬場の改修工事で代替)
富士S(2002年。東京競馬場の改修工事で代替)

こうやって見るとやっぱり外枠は不利ですね

特に15番
1着無しでメタメタです(^_^)

馬連ならば
3番、10番、1番、5番、2番を買うのが良さそうです(笑)

朝日杯FS単独はこんな感じです
<朝日杯FSの馬番別成績>
(過去23年 集計期間:1986.12.14 ~ 2008.12.21)

---------------------------------
馬番         着別度数            勝率   連対率   複勝率 
---------------------------------
1番    5-  1-  1- 16/ 23   21.7%  26.1%  30.4% 
2番    0-  1-  2- 20/ 23    0.0%   4.3%  13.0% 
3番    3-  4-  2- 13/ 22   13.6%  31.8%  40.9% 
4番    3-  0-  5- 15/ 23   13.0%  13.0%  34.8% 
5番    3-  1-  2- 17/ 23   13.0%  17.4%  26.1% 
6番    0-  2-  2- 19/ 23    0.0%   8.7%  17.4% 
7番    2-  2-  2- 16/ 22    9.1%  18.2%  27.3% 
8番    4-  2-  0- 16/ 22   18.2%  27.3%  27.3% 
9番    0-  3-  2- 16/ 21    0.0%  14.3%  23.8% 
10番   1-  3-  0- 14/ 18    5.6%  22.2%  22.2% 
11番   1-  1-  2- 14/ 18    5.6%  11.1%  22.2% 
12番   1-  1-  0- 16/ 18    5.6%  11.1%  11.1% 
13番   0-  0-  2- 14/ 16    0.0%   0.0%  12.5% 
14番   0-  1-  1- 13/ 15    0.0%   6.7%  13.3% 
15番   0-  1-  0- 11/ 12    0.0%   8.3%   8.3% 
16番   0-  0-  0- 10/ 10    0.0%   0.0%   0.0% 


13番~16番は勝ち馬無し^^
上であげた馬番に8番を加えると良さそうです^^

ということで
今週の朝日杯FSは
上記の3番、10番、1番、5番、2番
それに朝日杯FSの成績がいい8番を加えて買うことにしました
(いくらなんでも、そんなことしません(爆))


<JRA-VANで提供されている中山芝千六のコース解説>

スタートは1コーナー横のポケット地点。中山競馬場の芝コースの高低差は5.3mと、JRA全10場の中で最も高低差がある。その最高地点がこの1コーナーのところ。2コーナーまで緩やかに下り、さらに外回りコースのバックストレッチで約4.5mの勾配を駆け下りる。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。フルゲートは16頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.5-23.6-35.7=1.34.8。最初の2コーナーまでの直線距離が240mと短いため、先行争いは激しい。なおかつ、その後は下り坂なので序盤から自然とペースアップする。上記のケースの前半3ハロンの平均は35秒5だが、京成杯AHや朝日杯FSなどの芝状態が良好な重賞レースでは34秒台前半の数字は楽にでる。後半3ハロンは、直線部分が他場より短いことと、ゴール前の急坂があるため、時計がかかるのが特徴。スローペースにならない限り、前傾ラップが基本だ。枠順は圧倒的に内枠が有利。2コーナーまでの距離が短いことが起因し、外枠は常に外々を回らされるデメリットが生じる。内ラチ沿いをピッタリ回りながら、前々に位置し、直線に入ってグイと抜けてくる競馬が、このコースでは正攻法。したがって、器用に立ち回れる逃げ・先行馬が有利。回収率も高い。種牡馬成績はダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオンを中心に、ヘイロー系が優勢。割って入るのがキングヘイロー、フレンチデピュティで回収率も高い

関連記事
多少なりとも記事が参考になったと思ったら応援のポチをお願いします

中央競馬 ブログランキングへ


にほんブログ村



コメント
非公開コメント

おかぴぃさんこんばんわ
競馬予想パドックルームの武虎です

データからもどうやら
器用さと消耗戦向きですね

中山は馬体適性からも
器用さや加速するスピードが必須なので

かなり特徴が偏っているコースと言えるようです

では応援してポチっとしていきます^^

2009-12-17 20:10 | - | from 武虎

>武虎さん
武虎さん、お久しぶりです
武虎さんのブログも楽しく見させてもらってます
(なんだか笑ってしまうことが多くて、なかなかコメントできませんけど(笑))
↑あ、これはいい意味でですよ^^

この条件の外枠不利は知っていても
ここまでひどいとは・・・
これに人気を加味(実力馬が満遍なく各馬番に入っていたのか)しないと
枠順の有利不利はわからないと思うのですが
それにしてもちょっとひどすぎますね~

2009-12-17 20:27 | /Kuc2aBA | from おかぴぃ | Edit

レンタルCGI QLOOKアクセス解析
アクセスカウンター